三鷹市の「乗り湯」は、シックな雰囲気のデザイナーズバスだ。発端からとても明るい雰囲気で、どなたでも入りやすいバスだ。店内に入ると、おうちのリビングもののほっと落ち着く待合い余分が広がります。ご主人が大好きな野球の品がウォールに飾られていたり、ピクニックのお土産賜物のようなものも飾ってあるので、人のおうちにおじゃましているかものの内心になれます。

お風呂も器材の1つ1つに拘り、ひと月の形状をした鏡、おしゃれな照明など、1つ1つのプラモデルにもこだわっている。脱衣点も以前にデザイナーズバスとして改装工事をされたから、清潔感あふれる落ち着いた雰囲気になっています。

お風呂は、天井が高くて、広すぎず狭すぎない、ちょうど良い落ち着く余剰になっています。そのため、乏しい乳幼児と共に入っても目線が近づく範囲で、ママさんたちも気軽に連れて来易いようです。浴槽は3つに分かれてあり、強めの泡が出るジェットバス、底から暖かい泡が出るバイブラバス、浅湯になっています。浴槽といった浴槽をつなぐちょいちょいは落とし穴が開いてあり、これによりお湯を循環させている。

外部には適切岩で囲まれた岩風呂があります。昼間は空から日射しが降り注ぎ、夜は暗がりの中にぼんやりとした明かりが夢物語的雰囲気を作り出します。

湯上がりに遊べる水ものも長々用意されていますし、早めの時間には、乗り湯の反対の畑で採れたばかりの野菜を販売していることもあります。このように、乗り湯は清潔感のあるおしゃれなプラモデルの中に、アットホームな人懐っこい雰囲気もあふれるデザイナーズバスだ。ミュゼ新潟万代シティの全身脱毛、その人気の秘密は?