ライフサイクルで生計簿として処理できる小物というできない小物。
生計簿に記入できる点数は決まっていて受け取りとか思い書や給料の金額になります。
cインセンティブや治療の点数かもしれません。どうもたいして気にすることはないと思いますが、マガジンや家財を中古で販売したときの点数を書いているヤツがいらっしゃる。
こういう点数はめったにかかないほうがいいかもしれませんね。点数としては確かにかけます。但し、給料は全く違う点数ですから後ほど割り出しがややこしくなるかもしれないからです。
後から割り出しがやりづらくなるかもしれないと感じるなら別途よけて書いた方がいいかもしれません。
見本:ブック○○に1冊のマガジンを売りに行きました。
買い取り金額は100円でした。
これを生計簿に書くと「収益」として書くのか「お粗末サラリー」として書くかの違いで悩みます。これは費用分野の中でいうとお粗末サラリーとして記入します。
分野上述はそれで問題ありません。不具合はなくても正規サラリー(年俸)の点数にはなりません。
気をつけないといけないのは「ウェブビジネスに酷似した商法で販売して得たサラリーは年俸にはならない」ことなのです。
これらは「務め収益」として一端計算されることがあるからです。務め収益として計算されるからには金額に添う要請も必要になってくる。
自分の生計簿に年俸サラリーとは別のサラリーがないかどうかをふたたび確認してみましょう。大きな出金やバランスの取れない収益の金額がないかどうかをさらに確認してください。ミュゼグラン那覇国際通り店の美容脱毛なら美肌トリートメント効果アップ